スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

今週の相場見通し

最近のマーケットは非常に不気味です。リーマンショック前のような雰囲気を感じます。

新興国の金融市場は異常です。インドルピーやトルコリラは暴落していますし、それに対して中銀が自国通貨建ての長期債を買って通貨安を何とか食い止めようとしてますが、長期債を買うべきなのかは疑問です。短期債を売って不胎化しているのかもしれませんが、長期債利回りの低下は通貨安要因です。

インドネシアの株価指数が暴落したかと思えば、今度はマレーシアが暴落です。アジアという世界で最も人口が多い経済圏が揺れています。

全てはFEDのテーパリングです。早ければ9月から量的緩和縮小に入るというのがコンセンサスですが、最大の懸念は、いつからどれくらいの規模、ペースでQEを縮小するのかという点が明確になっていないことです。

投資家は予想してポジションを取ります。未来の不確実性を予想することでリターンを得ます。その不確実性が大きいとそれを回避することもあるわけです。リスクが大きいとリターンも大きいのですが、許容できるリスクというのがあります。

今はまさに投資家がテーパリングの影響が予測不能であるため、ポジションを落としているのです。テーパリングが織り込まれてきているのが確かですが、100%織り込まれているわけではないのです。

60%が9月からのテーパリングを予想していますが、残りの40%は10月以降です。

そろそろバーナンキが何らかのインディケーションを示してくると思いますが、それが出てくるまではマーケットはボラタイルに動きます。

新興国株価が一日で5%以上動くというのは異常です。バブルがはじけ始めているというのが正確かもしれません。

いずれにせよ、今は他の投資家と同様にリスクを落とすのが正解かもしれません。リーマンショック以降ではじめて米国が引き締め方向に動くタイミングです。一定程度のショックがあってもおかしくないわけです。

ということで今週から9月のFOMCにかけては、リスク資産安、円高でしょうか。
関連記事
15 : 47 : 15 | 相場見通し | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<相場で勝てる人勝てない人① | ホーム | ドル円は再度100円を目指す展開へ>>
コメント:
ロコモージたちは左へ回り飛び降りる カチモーナは右へ飛び 飛び降りる ハウンセンならばとうすると思うか
by: * 2013/09/07 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんわ!
ずっと株高になっている状況の方が、なんか不安になりますよね。
下がるときは一気に下がってしまう世の中なので。。。
by: のぼり * 2013/09/16 06:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://fx102.blog.fc2.com/tb.php/499-dac483ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

スポンサー

スポンサー

楽天ショッピング

Category

Category: None (1)
相場見通し (253)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。