スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

中国経済はまじでやばいかもしれない。豪ドルの下落が示唆するもの。

6月以降、中国の短期金利が不安定に推移していたことから、中国政府が短期金融市場の流動性を絞っているという噂がマーケットで流れていた。実際に一日で数パーセントも短期金利が上昇した時には、中国の金融機関が破たんすると真顔で言うエコノミストもいたくらいである。

中国ではいわゆるシャドーバンキングという、銀行を通さない形の金融システムが存在している。そもそも金融とは、友達通しでお金のやりとりをしていたとしても、それは金融だ。お金のやり取りのことを金融という。

中国では、企業同士がお金を融通しあっていたり、銀行が貸し出し債権を小口化した商品、いわゆる理財商品の市場が拡大している。理財商品は、銀行の通常の預金・融資とは別ルートで資金を集める中国の「シャドーバンキング(影の銀行)」の代表的な存在。信託会社などが組成し、主に銀行を窓口に販売する。利回りは約3%の1年物定期預金金利を上回る5~10%。低金利に不満を持つ預金者の需要を取り込み、数年前から急膨張してきた。集まった資金の運用先は地方政府傘下の投資会社(融資平台)の貸出債権や債券、短期金融市場など様々な種類がある。

なぜ、理財商品の利回りは異常に高いのだろうか。それはリスクも高いからだ。期待リターンが高いということはそのリスクも高いということ。リスクが低ければ、皆が買い捲るので、期待リターンは下がっていく。それが市場の仕組みだ。

では、リスクがなぜ高いか?それも簡単だ。理財商品の運用先である地方政府傘下の投資会社の貸出債権のリスクが高いのだ。中国の地方政府は借金まみれだ。地方政府の債務は正確な数字が公表されているわけではないが、スタンダード・チャータードは2012年末の国内総生産(GDP)の15%、クレディスイスは36%としている。4月に中国ソブリン格付けを引き下げた際にフィッチは25%としている。新興国の中でも中国の地方政府債務は高水準であり、地方政府傘下の投資会社は高リターンを求めるために、通常の銀行からは借金ができないような、信用力の低い中小企業への貸出を行っている。

理財商品どの程度の規模なのかは全く分からない。当局の監視の目が行き届いていないからだ。デフォルト(債務不履行)時に投資家である個人や企業、販売者である銀行、インフラ開発の実質的な主体である地方政府など、誰が損失を負担するのかも曖昧なままだ。投資プロジェクトなどが行き詰まれば、幅広い関係者が損失リスクを負担しなければならない可能性がある。

記憶の新しい、2008年のリーマンショックの際には、サブプライムという信用力の低い個人への過剰な住宅ローン貸付が焦げ付き始めて、それがABSやらCDOという複雑なデリバティブ金融商品を通じて何倍にもレバレッジが掛かっていたものが逆回転したわけだ。米著名投資家のジョージ・ソロス氏は「米サブプライムローン問題に似ている」と警告している。

理財商品を買っているのは、多くが個人の富裕層である。中国株は2011年以降、下落の一途だ。中国株バブルに沸いた2000年前半から投資をしていたとしても、多くの中国人富裕層が損失を抱えている。彼らは少しでもその損失の穴埋めのため、高利回りが期待である理財商品の購入に回している。これが中国株が弱い理由とも言われている。

ある友人によれば、中国ではいまだに新築マンションの建設ラッシュが続いているという。13億人の経済大国だ。マンションの需要が高まるのは当然といえば当然だ。ただ、友人が同時に言っていたことは、多くのマンションが空室だそうだ。中国株が弱いことに加えて、不動産価格も下落している。価格上昇を見込んで買った不動産が下落しているのだから、手放すしかないのだろう。

中国経済はもう終わったというエコノミストにあったことがあるが、彼は今の中国は日本の1990年代前半だそうだ。リーマンショックと同時に中国の不動産バブルは終了してして、今は日本が歩んだ失われた20年に突入しているそうだ。7月15日に中国のGDPが発表になる。7.5%程度の数字が出てくれば市場は好感するかもしれないが、ダウンサイドリスクを意識しておいたほうがいいかもしれない。
関連記事
13 : 04 : 40 | 相場見通し | トラックバック:(0) | コメント:(3) | page top↑
<<パークシティ武蔵小杉のモデルルーム訪問してきました。 | ホーム | 持ち家よりも賃貸を選好するアメリカ人>>
コメント:
僕の友人で数十億の金融資産を保有運用しているA氏が言っていたが、お前6月の日本株急落の際日本の相場は終わったとブログに書いたそうだな。お前はバカか。急落後は最高の買い場だろ。買い場が終わるとすれば、今回の上昇後に調整したときだろう。
ボンクラFM様、いつものことながらセンスがないねえ。僕の仲間内では、食えないFMとして有名。
by: 優秀なFM様 * 2013/07/13 19:01 * URL [ 編集] | page top↑
いつも更新を楽しみにしています。
もし、中国がある日突然、明確にハードランディングすれば、S&P500はどのくらい下がると思いますか?
ご教示ください。
よろしくお願いします。
by: s * 2013/07/14 20:59 * URL [ 編集] | page top↑
中国恐怖になりえる陰の存在ですね・・・。
by: ぽこぺんぺん! * 2013/07/16 00:13 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://fx102.blog.fc2.com/tb.php/493-30df725d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

スポンサー

スポンサー

楽天ショッピング

Category

Category: None (1)
相場見通し (253)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。